アルコールはワンちゃんに与えてはいけない」というのは有名な話ですよね。

しかし、与えないようにしていてもワンちゃんの行動は読めないもの。「目を離したスキにウチのコが床に溢れたビールをなめていた」といったことで、ヒヤヒヤした経験がある愛家の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こんなときに、「なぜワンちゃんにアルコールを与えてはいけないのか」「ワンちゃんがアルコールを飲んでしまったらどのような症状が出るのか」を知っていれば日頃からもっと注意深く行動できますよね。

また、「ワンちゃんがアルコールを摂取してしまった際の対処法」なんかを知っていたらとても心強いですよね。

そこで、この記事ではそんなワンちゃんとアルコールに関するあれこれについてまとめてみました。

それでは御覧ください。

ワンちゃんにアルコールはNG!

なぜワンちゃんにビールを与えてはいけないの?

ワンちゃんは人間と体の構造が違うため、体内に入ったアルコールを分解することが出来ません。

人間の場合、体内に入ったアルコールは胃・腸で吸収された後、肝臓でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドという有害物質に分解され、さらにALDH(アルデヒド脱水素酵素)によって無害な酢酸へと変化させられていきます。

対してワンちゃんの場合は、アルコールを分解する酵素をもともと持ち合わせていません。そのため、摂取されたアルコールは無害化されずに長期間に渡って体内に残ってしまうので、ワンちゃんの体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

ワンちゃんがアルコールを飲んでしまったらどのような症状がでるの?

上記の通り、ワンちゃんは体内に入ったアルコールを分解することができません。そのため、下記のような重篤な症状が出てしまう危険性があります。

ワンちゃんがアルコールを飲んでしまった際に現れる症状
  • 意識が朦朧とする
  • 昏睡状態になる
  • 心肺機能が低下する
  • 嘔吐物が喉に詰まる

また、ワンちゃんは体が小さいので、少量のアルコールで命を落としてしまうこともあります。

致死量の目安としては以下のようになっています。

アルコールを5.5~6.5ml/kgを摂取すると犬猫にとって致命的であると言われています。

出典:ノア動物病院 HP

これは、アルコール度数5%のビールであれば110ml、アルコール度数15%の日本酒であれば37mlほどになります。

しかし、これらの値はあくまでも致死量です。人間が人によってそれぞれアルコール許容量が違うように、ワンちゃんによっては致死量に満たないアルコール摂取量でも命を落としてしまう危険性はあります。

ワンちゃんを守るために私達ができること

ワンちゃんがアルコールを飲んでしまった際の重篤な症状や、死亡の危険からワンちゃんを守るためには、やはりアルコールを近づけないことが大切です。

特に甘い匂いを放つお酒は要注意です。基本的に、ワンちゃんはアルコールそのものの匂いには魅力を感じませんが、甘いもの匂いのものに魅力を感じるようです。甘い匂いにつられてお酒を飲もうとしてくることもあるようなので、ワンちゃんのいる場では甘いお酒は控えておくと安心です。

また、お正月やクリスマスパーティなどで、大勢の人があつまる場も要注意です。「ワンちゃんの酔っ払ってる姿がかわいい」などと言って、面白半分でお酒を飲ませようとする人もいるようなので、常に目を光らせておきましょう。

ワンちゃんがアルコールを飲んでしまった際の対処法

万が一、ワンちゃんがアルコールを飲んでしまった場合は、無理に吐かせたりしようとせずに、すぐに動物病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。

その際、いつ飲んだのか・飲んだ量・お酒の種類を目安でもいいので伝えるようにしましょう。

また、上記の通りワンちゃんはアルコールを体内で分解することができないので、すぐに症状が出なかったとしても時間差で異常が出てくる場合があります。

そのため、日頃から近場の24時間体制の緊急病院を把握しておくと安心です。

まさるまさる

ワンちゃんを守るのは日頃の準備なんだね

お酒好きな愛犬家さんに朗報! ワンちゃんと飲めるお酒がある!?

「ワンちゃんにアルコールはNG」そんなことはわかっているけど、やっぱりワンちゃんと一緒にお酒を飲みながらゆったりとした時間をおくれたら素敵ですよね。

実は、私達のそんな願いを叶えてくれるペット用のお酒といったものがあるようです。まずはどんなものかみていきましょう。

ペット用のお酒ってどんなもの?

まず安心していただきたいのが、ペット用のお酒はもちろんノンアルコールです。

ですが、本物のお酒のような見た目から、ワンちゃんと一緒にお酒の雰囲気を楽しめる、といったものとなっています。

また、お酒を楽しむワンちゃんの姿はとっても”インスタ映え”ではないでしょうか。

ペットショップに足を運んだ際は、是非チェックしてみてくださいね。

ペット用のお酒を楽しむワンちゃんたち

ここからは様々なシーンでお酒を楽しむワンちゃんたちをみていきましょう。なんだか憧れちゃうものばかりですよ。

素敵な一年のはじまり!

https://instagram.com/p/Bsr0QAcHCTL/

素敵な一年のはじまりですね。

お酒を目の前にして目がトロンとしてる、、のは気のせいですかね(笑)

お花見といえばやっぱりお酒!

https://instagram.com/p/BhAxdHKFQ2_/

お花見といえばお昼からお酒を飲んでパーっと。

ワンちゃん用のお酒があれば、一緒に楽しめちゃいますね。

クリスマスパーティ!

https://instagram.com/p/BOQYbMEBxsL/

赤いサンタ風の衣装とわんわんビールがとっても”インスタ映え”ですね。

ワンちゃんのポーズや表情もモデルみたいです。

まさるまさる

35億いいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ワンちゃんにはお酒を与えてはいけない」ということを改めて深く理解していただけたのではないでしょうか。

私達が出来ることとして、ワンちゃんがお酒を誤飲するのを防ぐためにワンちゃんにお酒を近づけない、もしものときのために24時間体制の緊急病院を把握しておく、といったことが大切でしたね。

ワンちゃんとこれからももっともっと思い出を作っていくために、それらのことを徹底していきましょう。

また、ペット用のお酒というものも紹介させていただきました。

本物のお酒ではないにしろ、ワンちゃんと一緒にお酒を楽しめたら素敵ですよね。特別な日に、あるいはなんでもない日常に、ちょっとした贅沢として取り入れてみたらいかがでしょうか。

みなさんとワンちゃんの暮らしがより良いものになることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。