芸能人が好きな方は、数多くいますね。この中には、半端で無いぐらいの愛犬家の方がいます。犬の保護団体を設立された方、犬用に特別な部屋を造られた方、犬を11匹も飼われている方等、もはや犬は兄弟、親子と同様なぐらいの家族の一員となっている様です。

ところで、メジャーリーグや日本のプロ野球で活躍されたイチローさんも、大変な愛犬家で、引退会見でも愛犬の思いや、「引退する迄生きていた」等と感謝する程の熱の入れ様でした。

ここでは、愛犬に一途な芸能人(10選)の、犬にまつわる数々のお話しと、野球界のスーパースター、イチローさんがこれ迄育ててきた愛犬や、貴重な逸話(エピソード)について、ご紹介致します。

愛犬に一途な芸能人10選

    滝川クリステルさん


    滝川クリステルさんは、自ら犬猫の保護団体「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立する程の動物に愛着をお持ちの方です。 現在飼われている犬{種類はラブラドールレトリバーで、お名前は「アリス」(メス、10歳)}は、東日本大震災で、引き取り手が無い犬を保護したそうです。

    とても賢い犬で、滝川さんの生活のリズムに合せて朝起こしたりするそうです。

    戸田恵梨香さん

    戸田恵梨香さんは、2匹の犬を飼っており、ミニチュアシュナウザーのお名前は「ダブ」(メス)、ミニチュアダックスフンドのお名前は、「ちくわ」(メス)です。 撮影の合間に犬の世話に行ったりする程、愛犬家だそうです。 当然ながら、犬の手入れ(毛など)は、しっかりされているとの事です。

    深田恭子さん

    深田恭子さんの犬は、2頭います。最初の犬は、トイプードルで、お名前は「メロンパンナ」(メス、11歳)です。なんでもペットショップで100万円もした「セレブ犬」だそうです。もう1頭は昨年(2018年)から飼い始めたトイプードルで、お名前は「ポッケ」(性別不明、1歳)です。

    上の写真は、深田さんとメロンパンナちゃんが撮影に海に行かれたところです。深田さんは、とても犬好きで、芸能人の愛犬家仲間「わんわん会」に参加する程の熱の入れようです。

    ローラさん

    ローラさんの犬は、2頭います。最初の犬は、ミニチュアダックスフンドの、お名前が「モカ」(メス、8歳)です。もう1頭は昨年(2018年)から飼い始めたダックスフンドで、お名前は「ラテ」(メス、10歳)です。
    また、ローラさんは、犬猫とも好きな性格で、2匹の犬(モカ、ラテ)に加え、猫の、お名前が「だんごむし」も飼っております。

    浅田美代子さん

    浅田美代子さんは、過去に家に引きこもった時期があり、その時に心を癒やされたのが、当時飼っていた2匹の犬だそうです。以来、犬に恩返しをしたいと思い、動物愛護活動をする様になったとの事です。現在は、犬の保護施設から引取った3匹の犬と共に暮らしています。

    3匹の犬のお名前は、「アヴィ」「与作」(ミニチュアピンシャー)、「COO(クー)」です。

    坂上忍さん

    坂上忍さんの愛犬
    1. チワワの「佐藤ツトム」(オス、推定10歳)
    2. ミニチュアダックスフンドの「高橋ヨースケ」(オス、9歳)
    3. フレンチブルドックの「円山ダイチ」(オス)
    4. パグの「森田パグゾウ」(オス、8歳)
    5. ヨークシャーテリアの「佐久間ギンジ」(オス、8歳)
    6. チワワとダックスフンドの混血「ジェームス太陽ブラウン」(オス)
    7. チワワの「白石フユト」(オス、6歳)
    8. シーズーの「髙木ブー太郎」(オス)
    9. マルチーズとダックスフンドの混血「喜田川ハル」(オス)
    10. ミニピンシャーの「内田ピン」(オス、3歳)
    11. 甲斐犬の「筑波サンタ」(オス、4歳)

    坂上忍さんは、芸能界きっての愛犬家で、なんと11匹もの犬を飼っています。犬が十分遊べる様にと、広い庭を構えた一戸建ての家に引っ越したそうです。また、犬のお名前も、姓名でちゃんと付けており、兄弟(長男等)で呼んでいる熱の入れようです。11番目に飼う様になった「筑波サンタ」は、前足が1本無い保護された犬を引取ったそうです。

    それにしてもこれだけ多くの犬を飼うなんて、凄いですね。

    志村けんさん


    志村けんさんは、自宅に犬専用の部屋を作ったり、「天才!志村動物園」と言うテレビ番組の司会をやるなど、犬の熱の入れようは相当なものです。志村さんの犬は、2頭います。1頭は豆柴で、お名前が「殿」(歳)と言い、もう1頭は、ゴールデンレッドリバーで、お名前が「チロ」(歳)です。

    ちなみに過去に4頭犬を飼っており、その中の1匹に、ゴールデンレッドリバーの「イチロー」(2015年没)くんが居たそうです。

    具志堅用高さん

    元プロボクサーの具志堅用高さんは、ハールクイン(別名:ボクサー)という種類の犬が1匹います。名前は、「グスマン」(オス、9歳)で、ボクサーでも珍しい白い毛色です。ヤンチャな性格だそうですが、毎日しっかり時間を掛けて散歩する愛犬家だそうです。この愛犬を語る時は、「具志犬」とギャグを入れているとの事。

    所ジョージさん

    所ジョージさんは、大型の犬を2頭飼っています。1頭は、ロットワイラーと言う珍しいアメリカ産の高級な犬種で、お名前は「ケリードック」(メス)です。友人の志村けんさんから頂いたそうです。もう1頭は、シェパードの「ライス」です。偶然かも知れませんが、どちらも警察で飼われている犬種です。

    所ジョージさんは、犬の種類にも相当なこだわりが有る様ですね。

    木村拓哉・工藤静香さん夫妻

    木村拓哉・工藤静香さん夫妻は、4匹の犬を飼っています。オールドイングリッシュシープドッグの「ヒカル」(オス)、フレンチブルドッグの「ハニー」、パグの「ベアー(愛称:べべ)」、ペキニーズの「バブ」です。

    イチローの犬

    イチローさんには、現在2頭{「一弓(イッキュウ)」とその子供である「宗朗(ムネロー)」}を飼われています。弓子夫人との間に子供がいない為か、我が子の様に可愛がっている様です。では、その愛犬についてご紹介しましょう。

    「一弓」

    一弓は、オスの柴犬で、現在18歳です。名前の由来は、イチロー(一朗)さんの「一」と、弓子婦人の「弓」を組み合せて名付けられました。日本で生まれた一弓は、生後1年程で妻の弓子さんと共にアメリカへ渡りました。

    イチローさんは、一弓を我が子の様にとても可愛がっており、現役引退後に一番したい事を「一弓と散歩したい」と語っていました。引退会見の時も、一弓の事を大切に語るぐらいですから、相当な熱の入れようですね。

    まずは一弓と散歩したいです。ようやく、散歩にも連れていってあげられるので、それが一番したいです。
    この引退会見の中では、44分ごろに一弓について語っています。

    — イチロー 名言集 (@ichirosbot) 2019年4月24日

    柴犬の平均寿命は、12~15歳程度で、世界で最も長生きした犬は、26歳だそうです。一弓は、18歳ですので、人間に例えると80歳台のお年寄りです。一弓には、頑張って長生きして欲しいですね。

    「宗朗」

    宗朗は、一弓の子供(5匹)のうちの長男で、オスの柴犬(現在5歳)です。名前の由来は、元メジャーリーガーでイチローさんの親友である川崎宗則さんの「宗」と、イチローの「朗」を組み合せて名付けられました。

    残念ながら、宗朗の写真は見つかりませんでした。また、一弓の他の4匹の子供は、シアトル在住の日本人に引き取られたそうです。

    過去に飼っていた犬「タロウ」

    なんと、一弓の前に飼っていた犬がいるのです。その名は「タロウ」と言い、オスの柴犬{1999年10月生まれ}です。しかもタロウは一弓の父親であり、イチローさんが初めて飼った犬で、最初は「僕の息子」と語っていました。

    まさるまさる

    へ~、昔タロウなんて犬を飼っていたんだ。この犬も柴犬か。


    あきこあきこ

    柴犬って、とても忠義な犬で、愛嬌が有る顔ですよね。イチローさんの性格にピッタリだと思うわ。

    イチローの逸話

    イチローさん(本名:鈴木一朗)は、ご存じの様に、1991年に日本のプロ野球(オリックス)に入団し、メジャーリーグ(マリナーズ、ヤンキース、マーリンズ)でも活躍された方です。

    プロ野球28年間における通算安打{4257安打}は、世界記録に認定されています。(ちなみに通算安打の第2位は、4256安打のピートローズです)2019年3月に現役引退後、現在(2019年5月)は、メジャーリーグ、シアトルマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターの仕事が決まっています。

    イチローが天才となった理由

    イチローさんは、なぜ野球の天才となれたのでしょうか? 幸運にも私の家の近くに、イチローさんをオリックス時代から間近で見ていたプロ野球パシフィックリーグの元審判の方(仮名=Fさん)が住んでおられた為、イチローさんのお話しを聞く機会が有りました。

    Fさんによると、イチローのお父さん(鈴木宣之さん)は、イチローが子供の頃から野球の教育にとても熱心で、メンタル面も含め、かなり影響を与えたそうです。お父さんの熱心な指導なくしては、あれほどの偉業は達成できなかったとも言っていました。

    また、かつてイチローさんがメジャーリーグへ行く直前に、Fさんは、「彼はメジャーリーグで絶対に成功しますよ」と、自信タップリに教えてくれました。小さな声で言うと、実はFさんは職業柄、多くの選手の態度等もよく見ていて、一流になれるのかある程度は判るのだそうです。

    イチローさんは、日本にいる時から心技体とも優れた人物と、「審判から判定」されていたかも知れませんね。

    イチローの本

    イチローさんについて詳しく知りたい方は、様々な本が有ります。スポーツ心理学の児玉光雄さんやお医者さん等多くの方が執筆されています。これだけ多くの本を読めば、あなたはイチロー通になれるかも。

    まとめ

    愛犬に一途な芸能人10選
    1. 滝川クリステルさん:一匹、ラブラドールレトリバー
    2. 戸田恵梨香さん:二匹、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアダックスフンド
    3. 深田恭子さん:二匹、トイプードル*2
    4. ローラさん:二匹、ミニチュアダックスフンド、ダックスフンド
    5. 浅田美代子さん:三匹、ミニチュアピンシャー他
    6. 坂上忍さん:十一匹、チワワ、ミニチュアダックスフンド、フレンチブルドック他
    7. 志村けんさん:二匹、豆柴、ゴールデンレッドリバー
    8. 具志堅用高さん:一匹、ハールクイン
    9. 所ジョージさん:二匹、ロットワイラー、シェパード
    10. 木村拓哉・工藤静香さん夫妻:四匹、オールドイングリッシュシープドッグ、フレンチブルドッグ他
    イチローさんの愛犬や逸話
    1. イチローさんの犬:現在は、柴犬2匹{「一弓」とその子供である「宗朗」}、過去は柴犬「タロウ」を飼っていた。
    2. イチローさんが野球の天才になれたのは、父の子供からの指導の御蔭。愛犬と奥さんが支えた事も貢献した(はずです)

    いかがでしたか。犬が大好きな芸能人の方々は、その犬種や犬の飼い方に特にこだわりが強い様ですね。記事には、犬以外に飼っている動物(猫等)を入れなかったですが、飼い主は動物同士も仲良く生活する様に、とても気配りされている様です。単に犬が好きなだけでは無く、いつも愛情を持って飼われている事だと思います。

    イチローさんについて、御夫婦でお車に乗っているところを見た事が有りますが、とても仲の良い印象でした。イチローさんは、メジャーリーグでは体格的に優位では無いのですが、あれだけ偉大な成績を残せたのは、お父さんの熱心な指導と、溺愛する程の犬や奥さんがいたからでしょう。
    最後迄お読み頂き、有難う御座いました。